11月23日(金祝)「かくれ里」を訪ねる1

白洲正子さんの作品の舞台を訪ねます

「かくれ里」に登場する奥永源寺の木地師の村を訪ねます。

木地師は、ろくろを使い椀や盆などを作る職人で約1200年の歴史を持ちます。山中をその活動の拠点としながら、 良材を求めて諸国を旅し、全国にその足跡を残しています。

大皇器地祖神社は木地師の始祖、惟喬親王を祀ります。周辺には親王ゆかりの金龍寺や筒井神社などがあり、「木地師の里」 として知られます。

その後、300年前に建てられた茅葺き屋根の古民家を移築した、1日1組限定の宿、日登美山荘にて、 岩魚や地野菜などの自然の恵みのランチを頂きます。

にごりワインで知られる、ヒトミワイナリーにも立ち寄り、締めは臨済宗永源寺派の大本山永源寺の紅葉です。

行程

木地師資料館~木地師工房~大皇器地祖神社・高松御所~日登美山荘(ランチ)~大本山永源寺~ヒトミワイナリー~道の駅奥永源寺 約6時間

ガイド料

7000円

Copyright © 2018 Yamanohondana. All Rights Reserved.